「Making Pottery」カテゴリーアーカイブ

作業の効率化 -高台の仕上げ処理-

本焼き焼成が終わると最後の仕上げが高台のサンディング。

どんな土でも焼くと土が焼き締り中の珪石などが出てきたりして多少ボコボコするもの。この最終仕上げの処理なんですけど気づくと丸一日かかってることも。そう、一日中やすり掛け^-^;この作業、なんとかして効率化できないかなぁ~と探していたところいいのを見つけてしまいました!

ランダムアクションサンダー!

早速、購入&試してみると速っ♪これで指の皮が擦り切れてしまうことは少なくなりそう。陶器の高台処理用に購入しましたがパフをつけたりすれば車のワックスの仕上げ、曇ったガラスやステンレス製品の鏡面仕上げなどいろいろ使えそうです。早く買っておけばよかった。

粉塵防毒マスクなら興研

私が使っているマスク。信頼の日本製「興研」。

いろいろ使いましたが一番いいです。災害時にも役立つし普段の健康を守るためにも。健康が一番ですよね。陶芸の作業、特に釉薬調合などは微粒の粉末や酸化金属類を使用することが多いです。中には身体にとって良くないものも。趣味でやってる方も釉調合される方はあった方がいいかも。おススメです。

陶芸体験 OPTIONの絵付け

モノファクトリーでの陶芸体験はご自身の作った作品に絵付けをすることも♪上の写真のような青呉須や茶~黒に発色する鉄絵、陶芸用絵の具は素焼き後の方が描きやすいので後日もう一度お越し頂くことになりますがより自分好みにカスタマイズできます。オリジナルプレゼントとして作ったり結婚の記念での制作に☆
*上の作品は半磁器土をオプション選択しております。

陶芸体験料+絵付けOPTION代 1,500yen(1h/素焼き完了後)

↓ 呉須描き 青一色ですが水分量にて濃淡を調整
R0017670

↓ 鉄絵 結婚式のメッセージで筆描きされてました。
お幸せに☆
R0014990

ルーシーリー展 陶芸コンテスト

陶芸、まだまだ自分の理想とする形や色などに納得がいかない・・・そんなこともあり公募展など出さないでいましたが先日、ルーシーリー展、開催記念の陶芸コンテストがあると知りなんとなく…出展してみました。確かテーマは『暮らしの中の器』だったかな?自己評価30点にも満たない作品、ティーポットを出してみたところなんと『優秀賞』をいただきました。ありがとうございます。励みになります。100均でも器が買える時代、自分が手作りで器を作ることの意義、流行を狙ったものじゃなく50年、100年後も遺り続けるようなものを作りたい、そんなことを常に考えています。

没後20年 ルーシーリー展
茨城県陶芸美術館 4/11(sat)-6/21(sun)

上記美術館にて私、中島誉史男の作品が展示されております。姫路市立美術館でも展示がある可能性があるようです。ルーシーリーに興味のある方、拙い作品ですがついでに見てみてください。今後は年2回ほどは時間をみて公募展にも出展していこうかと考えております。コツコツと一歩一歩。

陶芸における鉛の危険性

、危険なことは分かっているので当アトリエでは以前から使用していないんですが傷ついた手で触ることによっても危険性があることが分かったので記事に残しておきます。鉛は素手でも触らないほうがいいほど危険性が高そうですね。

ちなみに、鉛は傷のついた手で触れたり、埃として吸い込んだり、窯で焼成中の煙を吸い込んだり、鉛を含む釉の器と食べ物の中の酸性成分がが触れることにより身体の中に取り入れられてしまうことがあります。ほんのごく僅かな少量の鉛でも一旦身体に採り入れられてしまうと自然に排出することはなく蓄積され、その蓄積された量が限界点を超えると鉛中毒など健康に深刻な影響を与えることが分かっています。安易に鉛、*鉛白を使用することは控えたいですね。*鉛白は鉛に比べるとかなり毒性は低くなりますがそれでも食物の酸性による溶解は多少はあるようです。おお~怖っ(>_<)

棚板の補修

上の写真の白い板はカーボランダム製の棚板(耐火度1,300℃)。

焼成を繰り返していると釉薬が飛び散ったり流れたりとだんたん痛んできます。これがなかなか厄介なんです。飛び散った釉薬をそのまままた本焼き焼成すると再度溶け再び固着化。なので鏨やグラインダーを使い取り除かなきゃと上の作業を。最後にアルミナを溶いたものを塗って平らにならし終了~。なかなか地味な作業。
R0017448

*グラインダーの取り扱いについて
非常に便利で早い作業ができる電動工具なのですが指を落としてしまったり体の一部を切ってしまったりと誤った扱いをすると大変危険です。ゴーグルで目を保護する対象物をしっかり固定する腕や手、身体を安定させる、肌を露出させないなど万全の知識を対策をもって扱ってくださいね☆

*豆知識~
新品のカーボランダム製の棚板は本焼き焼成から使用しないとコーティングが剥がれてしまいます( ;∀;)

器の貫入染み汚れ落とし(クリーニング)

器の貫入染みの汚れ、器が育って品が良く入ったものならいいんですがただの汚れだと嫌ですよね。ハイターなどを使って除去すると匂いが移ってしまったりと…。

‐ご家庭での汚れ落としの方法‐
・漂白剤(ex 水1ℓあたり10cc)につける(コップや急須などを除く)。
・多少の匂いは重曹を溶かした水に浸す。

cleaning

それでもダメな 場合はMONO FACTORYへ。匂いや汚れは再焼成することにより除去することができます。当店よりご購入の商品つきましては無料にてクリーニングサー ビスをしております。*なお、往復送料につきましてはご負担ください。*他店購入の商品は数量等により別途お見積りいたします。ex)段ボール60サイズ に入る範囲であれば何個でもクリーニングできる内容で7,350yenです。お気軽にご相談ください☆

例)before1
R0017090

after1
R0017096

before2
R0017088

after2
R0017094

お問い合わせはこちらから
▶ CONTACT

*金彩・銀彩のものは受付けできません。
*絵柄のものは大丈夫ですが稀に色合いが若干変わってしまうことがあります。ご了解ください。