艶黒釉 ’141227B

艶のある薄黒い釉。ほんとはマットを狙っていたんですけど調合計算ミスがあったようです。この黒は個人的には滅多に使わない黒顔料を使って作ってみました。ちょっと面白味にかけるかな。記録には残しておきますがナシかな。(↑1,240℃ 白土)

↓赤土バージョン
'141227B赤土

雪見温泉だったはずが…

6日火曜は久々の雪見温泉!と思っていたんですけがどこも暴風雨との予報…。渋々、近場でいいやとクルマを走らせ山梨方面に。やっぱり雪はない(笑)せっかくの四駆なので雪を見ると嬉しくなります(*’▽’)

お昼は真っ白な建物が印象的な「ほうとう不動」で熱々のほうとう。あの腰のあるもちもちした麺、冬にはやっぱり最高ですよね。テーブルに置いてあった練?七味のようなものがウマ辛で美味しかったです♪「ゆらり」で6時間ぐらい過ごして夜帰宅~。天気が良かったら富士山眺めながらのお風呂だったんだろうけどこれも良しかな☆

青銅マット釉 ’141227 BCM

去年の夏から始めた釉薬テストの一部公開。今年もやっていきます!ということで年末に作った青銅マットの釉薬。(↑1240℃白土)調合としては溶媒材として炭酸バリウムの方が効果が出そうでしたが少し安全度が高いものとして代用品の炭酸ストロンチウムを使用。想定通りの雰囲気かな?花器、オブジェ、器の装飾向き??

↓赤土バージョン
R0017164