R0017769

組み合わせによる発色を見る ’150501 421MW+BM@C

以前、作った421MWに他の釉薬を散らして掛けその与える影響をテストしたもの。421MWはもともとは白乳濁釉だがBM@cに含まれるある原料Xの影響によりピンク色に発色している。おそらく焼成中に421MWに含まれるある物質Yが揮発化しXと化学変化が生じている。想定していた焼き上がりよりかなりピンクが強く出てしまったためXは非常に微量でも反応が大きそう。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA