祝100,000km ☆ タイミングベルト交換

年間2万km弱の走行、アッという間に100,000kmに(^-^;
仕入れに出張体験、営業、プライベートにいつもお疲れさまです。だいたいタイミングベルトは10万キロが寿命ラインとされるので精神衛生上良くないのですぐ交換することに。

メーカーの推奨交換時期
11万マイル(176,000km)or 4年

タイミングベルト&ウォーターポンプ&Vベルトの交換
うちの車はバンパーはもちろんラジエター、コンデンサー、バンパーメンバーまで外さないと出来ない。ラジエター自分で外したくないなぁとDIYする元気もく・・・頼むことにしました!しかし工賃が高額過ぎ( ;∀;)

  • ディーラー見積もり 約30万円(セレブじゃないんで…)
  • いつもの知り合いのとこ 約12万円
  • 自力でパーツ入手+整備工場探し 約7万円(笑) ←コレだ♪

パーツの入手先はIntersparesさん。おそらく輸入車パーツだとここが一番安く手に入る気がします。あとはebayで個人輸入。ディーラーだと部品代だけでおそらく10万オーバー。

整備工場。小林モーターズさん。近所ですがすごく親切で良心的なところを見つけました。これからはこちらで重整備はお願いすることにします。こうした人情溢れる地元の業者さん、いいですよね。ディーラーが信頼性が高いという方もいらっしゃいますが人次第だと思います。経験上バンパーのネジゆるゆるで返ってきたりいろいろ。

エンジン周りからのオイル漏れもなく非常にいい状態のこと。安心しました。ターボ車で四駆で良く走ってくれる今の車に特に不満はないので20万kmまで乗れたらいいなぁ。今年はあとDIYで足回りの整備頑張ります!

100,099kmで交換。↓シールの下にタイミングベルトが。
R0017376

交換後のVベルト。艶々です☆
*シングルVベルト これでエンジンの駆動をオルタネーター&ウォーターポンプ、パワステ、エアコンに伝えて作動させる。
R0017377

取り外したアイドラープーリー *ベルトの貼りを調整
本来壊れるようなものじゃなさそうけど安いのでついでに交換
R0017381

取り外したウォーターポンプ*冷却水(LLC)に圧力をかけてエンジン内を循環させるポンプ。羽根部分が錆びついたり折れたりするらしい。外したものは結構大丈夫そうだっけど壊れたとき厄介なので。
R0017380

外したタイミングベルト(左)とファンベルト(右)まだいけそうだったかな。
R0017378

*平凡な毎日なのでブログネタがなく車ネタに。すみません。

 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA