DSCN0059

気づき

当たり前過ぎて気づけていない・・・

器を削る際、バランスに気を配って鏡で全体のシルエットを確認しながら見る角度を変えながらとやっているけど、その削ってる器は口縁の方が高台部よりも乾いている、高台はまだ口縁に比べ乾いていない、つまり、既に乾燥速度が変わってしまっている器をその時点で削りでバランスを取ったとしても既にバランスが崩れている。高台の方をちょっと大きめに削らないと焼きあがった時に理想とする形にならないよね?ってことを。いま気づいてしまった。奥が深すぎるモノ作り。でも作ることでも何でも当たり前のところに実は深い気づきがあったりするのかも。

まだまだ多いんだろうな気づけていないこと。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA