R0017260

冬のお出かけ ヤマボクワイルドスノーパーク→満山荘→菅平奥ダボス

2/2-3のお休み、癒しを充足しに長野まで行ってきました!
AM3:15 家を出て湘南バイパス‐圏央道‐関越‐上信越を進み
ヤマボクワイルドスノーパークを目指します。
時間超短縮、圏央道便利過ぎ。\(^o^)/

DSCN1243

どこ走ってるか分からないほどの豪雪(^-^;
DSCN1274

到着~
DSCN1254

ここヤマボクワイルドスノーパークですが非圧雪エリアがなんと70%以上!HP見ました?なんか楽しそうじゃないですか^-^!?まだ娘が小さいので未整地バーンを楽しみきれてないですがソロで滑ったとき思わずここ滑っていいの?と不安に感じさせるような面白さ☆今シーズンは板がもう買えなかったので来シーズンはARMADA買ってまた来ます!スキー後、娘を抱えて滑っていたのでなぜか肩がバキバキ筋肉痛に…(笑)

気を取り直して今回一番の楽しみ、奥山田温泉にある「満山荘」へ。もう最高でした☆このこじんまり具合、好きだ~。親子3代でやってるのかな?おばぁちゃんやおじいちゃん息子さん?たちが笑顔で迎えてくれます。上のキャッチの写真のとおり秘湯のいい雰囲気。写真あまり撮ってないのですが色んなブログで取り上げられている通りの良さでした。以下ちょっと箇条書きメモ。

  • お湯…硫黄泉かな?透明のお湯に湯花がたくさん。しっかりした雰囲気のお湯ですが湯疲れしにくかったです。お湯も好みの温度でちょっと長風呂を楽しめる熱からずぬるからずの絶妙なお湯加減。心地いい空気感から思わず笑顔に(笑)ほか、細部に色々な配慮がされた心地いいお風呂です。
  • 宿…和モダンといった印象。ちぐはぐな感じがなくいいまとまり感があり落ち着きます。床暖も入っていたので厳冬期にも関わらずポカポカ。お部屋は部屋によって違うようですが案内された部屋には囲炉裏がありました。お茶をのんだりしながらくつろげました。
  • 食事…地の野菜などをふんだんに使った料理は優しく美味しかったです。こごみ、蕗の薹、山ウドetcの天ぷら、ふと目を外にやると美しい雪景色。日本酒を追加注文せざる負えない夜のひととき。

  R0017306 R0017309

満山荘はお気に入りの宿になりました。
秘湯が好きで湯っくりしたい方、雪見温泉が好きな方、本当におススメできる宿だと思います。

翌朝は11時チェックアウトで菅平の奥の奥ダボススノーパークへ。スキー&ソリ遊び!
DSCN1291_2

娘をソリに載せたまま雪山を何度も登るわたくし…。これは苦行なのか?喜びなのか?はたまた筋トレなのか?
DSCN1291_3

*注意…これはスキーブログではありません。陶芸工房のブログです。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA