R0016177

ワインレッド釉 ’140903WRS

上の写真は1240℃で焼成したもの。
若干思ったような焼き上がりではなかったものの
施釉厚が厚ければ綺麗な発色になるかも!?
と思い下の作品につけてみました。

DSC_7792

おっ、と思わず顔がほころぶ発色具合に☆

釉が薄いところは白っぽく、
厚いところはワインレッド?アップルレッド色?
に発色しています。あと20℃高く焼成しても面白そうです。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA